京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如

京都で狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・太陽光発電・オール電化をするなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑悄

うぇブログ カレンダー
«  «  2018 12月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

最新ブログ


うぇブログ - Tomさんのエントリ
 Tomさんのエントリ配信

2006/12/03
構造用合板

執筆者: Tom (08:30)
金物の取付けが完了すると、外壁面の作業用に足場を組みます。

狭小地では、隣地面(両隣)に足場を組むスペースが無いことが多いので

写真のように、道路面とその裏面だけ足場を組みます。































足場が完成すると、外壁下地の構造用合板を貼っていきます。

構造用合板とは写真のように、木目がはっきりわかる板です。

この板は、その名の通り構造上重要な部位に使用する、非常に強い合板です。
























最近では内装の仕上げ材として、このまま使用する事もあります。

仕上げ材を省くのでコストも下がり、木のぬくもりを感じられる家になります。














































コンセントは、配線が見えないように壁の中に配線していきます。

写真のようにBOXを壁に埋め込み配線を通します。

Tomさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (7562)
このエントリのトラックバックURL
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops/modules/weblog/weblog-tb.php/51
印刷用ページ 友達に送る