京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如

東日本大震災 茨城県北茨城市磯原町にて

投稿日時 2011-4-17 22:54:03
執筆者 Tom
4月10日に茨城県水戸市に入り

翌日から被災した建物の調査・認定をさせていただいています。


11日の朝から北茨城市磯原町へ行きました。

福島県いわき市の少し南の町です。

北上するほど、道は傷んでおり、家屋の被害状況も悪くなっていきます。



調査させていただいた磯原町の家屋は、3月11日の地震によって

外壁の多くが剥がれ落ち、窓ガラスは割れ、扉は開かなくなり、床の一部が傾斜していました。

さらに、地震後の津波によって床上浸水し、家財は泥だらけです。

しばらくは避難所に避難されていたそうですが

避難所は何かと不便だそうで、電気が復旧してから自宅に戻って生活されていました。

隅々まで調査させていただきましたが、かなり危険な状態です。



しかし「こんな状況だからこそ髪を綺麗にしたい人もいるから」と

美容室の方は綺麗に片付けて営業されていました。

その言葉を聴いて涙が出そうになりました。

自分が大変な時でも、他の人のことを考えて行動することが出来る!

なんて素敵な人なんだろう!



でも、一緒に家の中を見て回っていると

「もう片付ける気力も無いわ」と

下を向きながら本音を話してくださいました。

「何故、こんなに良い人達が、こんなに酷い目に遭うのか」

と考えると、とても心が痛くなります・・・。



細かく調査させていただいた結果、全損の認定をさせていただきました。

一日も早く地震保険がおりて復興されますように祈っています。





その後、2軒鑑定させていただき、夕方水戸に戻る途中

信号待ちのタクシー内で地震に遭遇しました。

車がゴムまりのように弾みます!

電柱も倒れるんじゃないか!?と思うほど激しく揺れています!

しばらくすると揺れがおさまったので、スグに先程の北茨城市磯原町のお宅へ電話しました。

しかし、携帯はつながりません・・・。

何度掛けてもつながりません。



これだけ揺れると、あの家の壁は落ちているはずなので

怪我は無いか、とても心配です。

しかし、連絡が取れないのでどうしようもありません。


地震の時に私がいた場所は、海の近くでした。

スグに津波注意報が出たので焦りました。


自治体の防災放送が響き渡っています。

「高台に避難してください!」


少し前にテレビで見ていたことが、今ここで起こっている!

しばらくすると津波注意報は解除されたのですが

ついさっきまで海の近くを走っていたので恐怖でした。



この地震は北茨城市で震度6弱でした。

ホント恐怖でした。



その後も余震は頻繁に起こっています。

地震が起こると携帯はスグ繋がらなくなるんですね。

必要な時に必要な人が電話できるよう、地震直後の電話は控えねばと改めて思いました。




京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如にて更に多くのブログを読むことができます。
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops

このブログのURL
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=165