京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如

構造用合板

投稿日時 2006-12-3 8:30:00
執筆者 Tom
金物の取付けが完了すると、外壁面の作業用に足場を組みます。

狭小地では、隣地面(両隣)に足場を組むスペースが無いことが多いので

写真のように、道路面とその裏面だけ足場を組みます。






























---UnderThisSeparatorIsLatterHalf---
足場が完成すると、外壁下地の構造用合板を貼っていきます。

構造用合板とは写真のように、木目がはっきりわかる板です。

この板は、その名の通り構造上重要な部位に使用する、非常に強い合板です。
























最近では内装の仕上げ材として、このまま使用する事もあります。

仕上げ材を省くのでコストも下がり、木のぬくもりを感じられる家になります。














































コンセントは、配線が見えないように壁の中に配線していきます。

写真のようにBOXを壁に埋め込み配線を通します。





京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如にて更に多くのブログを読むことができます。
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops

このブログのURL
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=51