京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如

パテ下地処理

投稿日時 2007-1-21 6:40:00
執筆者 Tom
断熱材を入れ終えて、壁・天井の中の電気配線・給排水配管工事を終えると次に

石膏ボード(PB)と言う壁・天井の下地材を貼っていきます。





















---UnderThisSeparatorIsLatterHalf---

石膏ボード(PB)とは、水で練った焼き石膏を流し込んで板状に固めたもので

防火・断熱・遮音性に優れ有毒ガスの発生がなく

軽量で施工性が良く、比較的安価ですのでとてもよく使われる材料です。

大きさは910mm×1820个里發里一般的です。

9.5mm厚の石膏ボード(PB)は準不燃材料として、一般的には天井に

12.5mm厚の石膏ボード(PB)は不燃材料として一般的には壁に使用します。

この石膏ボード(PB)を貼り終えてからパテ下地処理をします。
























パテ下地処理をする目的は、大きく2つです。

1つ目は隣り合う石膏ボード(PB)のジョイント(継ぎ目)を隠す為。

2つ目は石膏ボード(PB)を留めるビスの頭を隠す為です。

このパテ下地処理を平坦にしっかりとしていないと

いくら綺麗に壁紙を貼ったとしても、ジョイント(継ぎ目)や

ビスの頭が目立ってしまいますので、とても重要な作業になります。




京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如にて更に多くのブログを読むことができます。
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops

このブログのURL
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops/modules/weblog/details.php?blog_id=55