京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如

京都で狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・太陽光発電・オール電化をするなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑悄

うぇブログ カレンダー
«  «  2018 5月  »  »
29 30 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

最新ブログ


うぇブログ - Tomさんのエントリ
 Tomさんのエントリ配信

2009/06/29
間伐ボランティア

執筆者: Tom (20:04)
これから私達が間伐していく京北町の山を下見してきました。






















京都市内から車で走ること約1時間。

自然が豊かなとても素敵な街です♪

この山は車が入れる林道がある希少な山。

間伐するには大変便利です。























林道のすぐ横はこんな感じです。























どんどん奥へと入って行きます。























間伐は、山を生き返らす為に行うのですが

自然の山であれば間伐しなくて良いのです。

しかし、人間が手を入れてしまった人工林では

間伐等の手入れをしていかないと写真のように枯れてしまいます。























この写真、一見何の問題もない様に見えますが

この状態では全部枯れてしまいます。

木と木の間隔が狭すぎるのです。


木と木の間隔が狭すぎるとどうなるか?

簡単にいうと、土に陽が当たらないので栄養分が不足し

下草や微生物がどんどん死んでいきます。

そんな栄養不足の土では、木々も当然枯れてしまいます。

そして山は死んでしまうのです。























そういう訳で、土に陽が当たるようにする為

間伐が重要になってくるのです。

この山はこれだけ広い林道があるので

間伐した木を持ち出すのも楽です。























林道から少し入ると

写真のように自然と枯れてしまった木が沢山みられます。

残念ながら多くの山がこんな状態です。























近々、どの木を残してどの木を切るか、選木してきます。
Tomさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (9198)
このエントリのトラックバックURL
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops/modules/weblog/weblog-tb.php/120
印刷用ページ 友達に送る