京都でリフォーム 狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・太陽光発電をお考えなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑泙如

京都で狭小住宅・マンションリフォーム・戸建リフォーム・キッチンリフォーム・お風呂リフォーム・太陽光発電・オール電化をするなら安心施工の螢ぅ離戞璽轡腑鵑悄

うぇブログ カレンダー
«  «  2018 12月  »  »
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

最新ブログ


うぇブログ - Tomさんのエントリ
 Tomさんのエントリ配信

2006/11/04
建て方完了

執筆者: Tom (20:20)
建て方が無事完了しました。

長年建築の仕事をしていますが、この建て方という工程が大好きです。

今まで基礎しかなかった土地に、家の骨組みが出来ていくこの工程は、観ていてワクワクします。























しかし、建て方は完了しましたが、まだ仮組みしただけでしっかりとは組んでいません。

まだまだ微調整が必要です。

床を貼る前に、柱を真っ直ぐ立てるための調整を行います。

この柱を真っ直ぐ立てるための調整を行うことを

現場では「たちをみる」と言います。

この作業は基礎の次に大切な作業です。

柱が真っ直ぐ建っていないと、建物が傾き、床も傾いた家になります。

それだけ重要な作業ですので、しっかりと柱のたちを調整していきます。

調整が終われば、金物や筋かいで柱を固定していきます。

柱のたちが全て決まったら、仮置きしていた床を貼っていきます。

この写真は2階のリビングからキッチン方向を観たところです。
























これは3階の北側を観ています。
























こっちは3階の南を観ています。
























この状態では、どんな家になるかイメージしにくいですよね?
Tomさんのブログを読む | コメント (0) | トラックバック数 (0) | 閲覧数 (7345)
このエントリのトラックバックURL
http://tom-ivn.sakura.ne.jp/xoops/modules/weblog/weblog-tb.php/49
印刷用ページ 友達に送る